« ボクを包む月の光(10巻) | トップページ | 青い花(7巻) »

3月のライオン(6巻)

羽海野チカさんの「3月のライオン」6巻を買って読みました。

表紙の二海堂くんにびっくり。でも見慣れると可愛いです。

中身は零くんが頑張っていて、新人王戦で大阪に行くのですが、やまざきじゅんけいさんがスキンヘッドでびっくりします。

東のイライラ王子も初登場でした。

実際の棋士のほうが、このマンガよりさらに素敵で個性的、というのが、将棋界のすごいところだと思います。

3月のライオンが描くものは、個人の戦いと強さと優しさと絆だと思うけど、人の弱さと脆さを見せ付けられて、美しさと醜さについて考えさせられます。

3月のライオン 6 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 6 (ジェッツコミックス)

著者:羽海野チカ
販売元:白泉社
発売日:2011/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ボクを包む月の光(10巻) | トップページ | 青い花(7巻) »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月のライオン(6巻):

« ボクを包む月の光(10巻) | トップページ | 青い花(7巻) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツ