« ヒロイン失格(3巻) | トップページ | 青空エール(7巻) »

チョコレートコスモス

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」文庫本を買って読みました。

チョコレートコスモス (角川文庫)チョコレートコスモス (角川文庫)

著者:恩田 陸
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する


どんな話かまったく知らずに表紙が可愛いから買ってみたのですが、すごく面白かったです。

観察する、ということと、生きる、ということ。与えることと、生み出すこと。才能と、努力と。

演劇の世界の話で、殺人とか事件は起きないのですが、佐々木飛鳥、という女の子の不思議な魅力と、東響子という女優の魅力に、ぐいぐい引き込まれて、劇中劇の演出に、うわ、とぞくぞくしました。

登場人物が魅力的な人が多くて、もっと続きが読みたい、と思いました。「ダンデライオン」という続編があるそうなので、発売されたら読もうと思います。

作中に登場する、「欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire」の映画は高校生のころにBS2で観たのですが、当時は怖い雰囲気しかわからなかったのに、「チョコレートコスモス」で読むと、改めて、ああ、そういう話だったのか、と感動しました。

ヴィヴィアン・リーは母親の影響か、中学生のころから好きで、「哀愁 WATERLOO BRIDGE」や「風と共に去りぬ Gone with the Wind」が好きだったのを思い出しました。

欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット スペシャル・エディション [DVD]欲望という名の電車 オリジナル・ディレクターズカット スペシャル・エディション [DVD]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/05/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する


欲望という名の電車 (新潮文庫)欲望という名の電車 (新潮文庫)


著者:T.ウィリアムズ

販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


作者のあとがきで、「ガラスの仮面」が好きで、あんなオーディションの場面が書きたかった、とありますが、「ガラスの仮面」のコミックスも、ここ数年巻が進んでいてうれしいです。

ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)

著者:美内 すずえ
販売元:白泉社
発売日:2010/10/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« ヒロイン失格(3巻) | トップページ | 青空エール(7巻) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートコスモス:

« ヒロイン失格(3巻) | トップページ | 青空エール(7巻) »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツ