« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の9件の記事

ましろのおと(3巻)

羅川真里茂の「ましろのおと」3巻を買って読みました。

ましろのおと(3) (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(3) (月刊マガジンコミックス)

著者:羅川 真里茂
販売元:講談社
発売日:2011/04/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

津軽三味線を演奏する高校生の話。

この前テレビの「王様のブランチ」でこのマンガが紹介されていたときに羅川さんが映っていて、途中から見たのでチラッと初めて顔を見たのですが、すっごく美人でマンガそっくりな感じ。イメージ通りでよかったです。谷原章介さんがこのマンガを絶賛していたのも嬉しかったです。

雪くんと周りの人たちの関係が、なんだか好きで、これからのストーリーが楽しみです。

ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス) ましろのおと(1) (月刊マガジンコミックス)

著者:羅川 真里茂
販売元:講談社
発売日:2010/10/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海月姫(7巻)

東村アキコの「海月姫」7巻を買って読みました。

海月姫(7) (講談社コミックスキス) 海月姫(7) (講談社コミックスキス)

著者:東村 アキコ
販売元:講談社
発売日:2011/04/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アニメも面白かったですが、マンガも絶好調で楽しいです。月海ちゃんも兄弟愛もいいなあと思います。インド人も好きです。

海月姫 第1巻 しゃべる!クララ・マスコット付きDVD【数量限定生産版】 海月姫 第1巻 しゃべる!クララ・マスコット付きDVD【数量限定生産版】

販売元:東宝
発売日:2011/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海月姫 第2巻 Blu-ray【初回限定生産版】 海月姫 第2巻 Blu-ray【初回限定生産版】

販売元:東宝
発売日:2011/02/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海街diary

吉田秋生の「海街diary」1巻から3巻を買って読みました。

海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス) 海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)

著者:吉田 秋生
販売元:小学館
発売日:2010/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海街diary 2 (フラワーコミックス) 海街diary 2 真昼の月 (フラワーコミックス)

著者:吉田 秋生
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

海街diary 1 蝉時雨のやむ頃 海街diary 1 蝉時雨のやむ頃

著者:吉田 秋生
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「flowers」を買うようになってから、面白いなとおもってコミックスを買ってみたのですが、ほんとにすごく優しくてあたたかくて好きです。

吉田秋生さんは「櫻の園」を高校生の頃に買って読んで印象的だったのですが、そのあと「BANANA FISH」を読んだくらいで、最近のものもちゃんと読んでいなかったのですが、他の作品も読みたいな、と思いました。「ラヴァーズ・キス」も買ってみようかなと思います。

櫻の園 白泉社文庫 櫻の園 白泉社文庫

著者:吉田 秋生
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ラヴァーズ・キス (小学館文庫) ラヴァーズ・キス (小学館文庫)

著者:吉田 秋生
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

考える人(春号)

新潮社の「考える人」春号を買って読みました。

考える人 2011年 05月号 [雑誌] 考える人 2011年 05月号 [雑誌]

販売元:新潮社
発売日:2011/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

高村薫さんと曹洞宗のお坊さんの対談が載っていたので、読みたくて。「太陽を曳く馬」の福澤シリーズ三部作の話と仏教を、深くお話されていて、とても面白かったです。そのほかの読み物も面白いのが多くて、じっくり楽しめる一冊でした。

前に村上春樹ロングインタビューが去年の夏号に載っていたときに買って以来、二冊目の「考える人」ですが、結構好きなのでまた今年も夏号も面白そうなら買おうかな、と思います。

太陽を曳く馬〈下〉 太陽を曳く馬〈下〉

著者:高村 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

太陽を曳く馬〈上〉 太陽を曳く馬〈上〉

著者:高村 薫
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おおきく振りかぶって(16巻)

ひぐちアサの「おおきく振りかぶって」16巻を買って読みました。

おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC) おおきく振りかぶって(16) (アフタヌーンKC)

著者:ひぐち アサ
販売元:講談社
発売日:2011/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC) おおきく振りかぶって(15) (アフタヌーンKC)

著者:ひぐち アサ
販売元:講談社
発売日:2010/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アフタヌーンでの連載が一年間休載中なので、コミックスどんどん出るのかな、と思っていますが、前回の15巻が去年の6月発売なので、けっこうまた間が開いていたのですね。17巻や18巻は早く発売されると嬉しいです。

16巻は、オマケまんがの三橋が可愛いです。そして本編は胸が熱くなるような、武蔵野第一と春日部市立の試合。榛名がかっこいいし、葵と涼の双子もかっこいいし、合宿中の阿部と三橋もかっこ可愛いし、ほんとに、高校野球の球児って力があふれて素敵過ぎる、と切なくなります。

榛名と秋丸も、花井と田島も、阿部と三橋も、男の子同士の関係って、馴れ合ってなくていいなあ、と思います。

女の子同士の関係は、なんていうか、全然別の関係なので、男の子同士の楽しさっていうのも味わってみたいなあと、思うこともあるんですよね。

『「エース」とはこういう人間だ。』という帯がまたちょっと切なくて、三橋頑張れ、と思います。

王狩(2巻)

青木幸子さんがイブニングで連載中の「王狩」2巻を3月に買って読みました。

王狩(2) (イブニングKC) 王狩(2) (イブニングKC)

著者:青木 幸子
販売元:講談社
発売日:2011/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

王狩(1) (イブニングKC) 王狩(1) (イブニングKC)

著者:青木 幸子
販売元:講談社
発売日:2010/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「3月のライオン」がマンガ大賞を受賞してコンビニなどでもたくさん並んでいますし、「ひらけ駒!」の連載も始まって好評ですし、将棋マンガ私が買っているのは「王狩」を入れて3作になりましたが、どれも女性漫画家が描いているので読みやすく、ほんとに面白いです。

私、男性漫画家の作品ってたぶんあだち充さん以外ほとんど買ったことないくらい、趣味が偏ってるのですよね(今気付きました)。

王狩は1巻も2巻も、奨励会で棋士を目指す子たちの真剣なまなざしが熱くて痛くて好きです。杏という女の子が、どこまで行けるのか、その先を見てみたい、と思います。

ひらけ駒!(南Q太)

南Q太さんの「ひらけ駒!」を3月に買って読みました。

ひらけ駒!(1) (モーニングKC) ひらけ駒!(1) (モーニングKC)

著者:南 Q太
販売元:講談社
発売日:2011/03/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

モーニングでも読んでいるのですが、毎回面白いです。将棋マンガとしても、普通のマンガとしても、すごくいい感じ。

宝君という小学生の男の子とその母の、愛と将棋のある日々が綴られています。

「読むと元気に、成る」と帯にありますが、ほんとに楽しくて幸せな気分になります。

南Q太さんの作品、実はこれまで読んだことがなくて、これが初なのですが、かっこいいなあと思いました。美人でスタイリッシュな大御所漫画家さんなイメージでしたが、お母さんなんだな、と。

南さんのブログにも、息子が将棋にはまってから将棋に興味を持ち、マンガを描くまでになった、というようなことが書かれていました。

このマンガを読むと、将棋知らないけど、ちょっと観てみようかな~と興味を持つ人が増えるんじゃないかな、と思います。

南さんのほかの作品も、今度読んでみよう、と思いました。

女王国の城

有栖川有栖の「女王国の城」文庫本を買って読みました。

女王国の城 上 (創元推理文庫)女王国の城 上 (創元推理文庫)

著者:有栖川 有栖
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

女王国の城 下 (創元推理文庫)女王国の城 下 (創元推理文庫)

著者:有栖川 有栖
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」に続く、学生アリスシリーズの第四作です。三作目まで読んだのは何年も昔で、単行本が出てからずっと読みたかったのですが、文庫本になるまで待っていました。

アリスとマリアが可愛かったです。江神部長もかっこよかったし。いろんな賞を受賞している本作ですが、ほんとに、推理小説!という感じでわくわく楽しかったです。

有栖川さんの優しさというか紳士な感じが好きです。本格ミステリって、紳士が書くものなのかも。

とにかく長いので1日では読み終わらなかったのですが、読み出すとやめられない面白さでした。

次に短編集があって、長編は第五作で完結するみたいなので、続きが楽しみです。

月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)

著者:有栖川 有栖
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

著者:有栖川 有栖
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

双頭の悪魔 (創元推理文庫)双頭の悪魔 (創元推理文庫)

著者:有栖川 有栖
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

少年少女(ねむようこ)

ねむようこさんの「少年少女」を2月に買って読みました。

少年少女 (フラワーコミックススペシャル) 少年少女 (フラワーコミックススペシャル)

著者:ねむようこ
販売元:小学館
発売日:2011/02/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ファミレス☆ナイト」と「ボーダーライン」と「県立マンモス西高等学校」は「flowers」で読んでいたのですが、残り3編「赤コートのセルマ」と「トレジャールーム」と「少年少女」は未読でした。

ハスキー犬と少女の話、「ボーダーライン」が一番好きです。「赤コートのセルマ」もなつかしい映画みたい。

私、ねむさんの作品は最初に読んだときからなつかしい感じがしたのですが、この短編集も素敵だなと思います。

少年少女、というタイトルを見ると、和田依子さんの「少年式少女」も思い出しました。アフターヌーンで連載していたのですが、不安定な感じが結構好きでした。

少年式少女(2)<完> (アフタヌーンKC) 少年式少女(2)<完> (アフタヌーンKC)

著者:和田 依子
販売元:講談社
発売日:2010/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

少年式少女(1) (アフタヌーンKC) 少年式少女(1) (アフタヌーンKC)

著者:和田 依子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツ