« のだめカンタービレ(25巻) | トップページ | 木洩れ日に泳ぐ魚 »

あかく咲く声

緑川ゆきさんの「あかく咲く声」文庫本を、先月ふと懐かしくなって買って読みました。

あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1) あかく咲く声 第1巻 (白泉社文庫 み 4-1)

著者:緑川 ゆき
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あかく咲く声 第2巻 (白泉社文庫 み 4-2) あかく咲く声 第2巻 (白泉社文庫 み 4-2)

著者:緑川 ゆき
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

辛島くん、という男の子と、国府さん、という女の子の、ラブストーリーです。

高校生の頃、LaLaで読んで、印象的なキツネのお面と不思議な力を持つ声、という設定にも惹かれましたし、国府さんの強さと潔さにも、かっこいいなあ、と憧れました。

文庫本で初めてちゃんと全編通して読み返したのですが、10年以上前に読んだのに、憶えているシーンがたくさんあって、会富や河原や坂本や川口さんや柴も懐かしかったです。

みんながあたたかく優しく、大事な人を見守っている関係や距離感が、きれいで切ないです。

「私は彼の言葉を聞いたことがなくて たまに聞こえる笑い声に耳をすます」「クラスも別で何の接点もない それでもその声はとてもきれいで」「私の胸の奥に 赤い花を咲かせた」 「その花の名は たぶん――」

で始まる第一話の、国府のモノローグがとてもロマンチックで、好きなんですよね。「あかく咲く声」というタイトルも、きれいでとても好きです。

« のだめカンタービレ(25巻) | トップページ | 木洩れ日に泳ぐ魚 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

むむっ!
これはまた心にじーんと来そうな一品ですね。
読んでみたい・・・・・。

あ、先日、買おうか買うまいか迷っていた「失恋ショコラティエ」を、こちらのブログに後押しされてサクッと3冊購入・一気読みしました。
おおおおおもしろい!!
あと、聖☆おにいさんも一気買い・一気読みしました。
こちらもおもしろい!
というかもう、素晴らしいの域でした。

千秋さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

「失恋ショコラティエ」、面白いですよね!
後押しできてよかったです(笑)。
「聖☆おにいさん」もほのぼの楽しくて笑えるので好きです。

またよかったら他の作品も感想聞かせてください。
マンガの一気読みってほんと楽しいですよね。

それでは^^。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あかく咲く声:

« のだめカンタービレ(25巻) | トップページ | 木洩れ日に泳ぐ魚 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツ