« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の8件の記事

月刊フラワーズ(1月号)

フラワーズの1月号を買って読みました。

月刊 flowers (フラワーズ) 2011年 01月号 [雑誌] 月刊 flowers (フラワーズ) 2011年 01月号 [雑誌]

販売元:小学館
発売日:2010/11/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表紙で巻頭カラーの田村由美さんの「7SEEDS」が泣けました。茂と安居。嵐と涼の言葉で、夏のAとBチームが、ぐっと近づいて、ああ、そうだったんだ、と思いました。

ねむようこさんの「県立マンモス西高等学校」も面白かったです。おじいちゃんとおばあちゃんのメルヘン。今度から新連載も始まるそうで、楽しみです。

岩本ナオさんの「町でうわさの天狗の子」も連載再開で嬉しかったです。ツンデレ秋姫にきゅんときて天狗鬼対決がかっこよくて、すごく面白かったです。妖の「か…神谷の者ってアホな子なん…」って台詞も可愛くてふふふ、と。夏目友人帳でもそうですが、ああいう人でないものの人に対する微妙な愛情あふれる台詞って可愛いなあと思います。

「風光る」と「姉の結婚」と「坂道のアポロン」と「さんすくみ」も読んで、充実したラインナップでした。水城せとなさんは今月は「コーラス」で脳内ポイズンベリーの連載再開なので、「フラワーズ」はお休みでしたが、毎月フラワーズ買ってしまいそうです。

「失恋ショコラティエ」が12月10日に3巻発売で、港町猫町の2巻も来年1月7日に発売ということで楽しみです。

コーラス 2011年 01月号 [雑誌] コーラス 2011年 01月号 [雑誌]

販売元:集英社
発売日:2010/11/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

3月のライオン(5巻)

羽海野チカの「3月のライオン」5巻を買って読みました。

3月のライオン 5 (ジェッツコミックス) 3月のライオン 5 (ジェッツコミックス)

著者:羽海野 チカ
販売元:白泉社
発売日:2010/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「僕は君に約束する 誓いの第5巻」と帯に書かれています。ヤングアニマルも11月26日に同時発売で、続きが載っていて、読みました。

ヤングアニマルをセブンイレブンで買うと今までのコミックス表紙のクリアファイルがもらえるのですが、買おうか迷ったものの、以前もクリアファイルたくさんもらって持っているので、今回は買わずに立ち読みで。

面白すぎて、何を感想として書いたらいいのかよくわからないのですが。山形県の天童に始まり、天道虫で終わる5巻でした。

ひなた、という名前の女の子と、木の葉に隠れた男の子。みんなを照らす太陽と、太陽を慕う植物と虫。

今ちょうど現実の将棋界では、竜王戦の第4局が終わったところで、羽生名人が渡辺竜王に挑戦していて、0勝2敗から2勝2敗のタイに戻したところ。私はどちらかというと渡辺竜王に防衛してほしいのですが、第4局に限って言えば、羽生名人に勝ってほしかったです。なので良かった。第7局まで行って、最高に盛り上がるところが見たいです。ちなみに、第7局の場所は天童です。

どうして今回は羽生名人に勝ってほしかったかというと、23日にJT杯日本シリーズという将棋のトーナメントの決勝戦が東京体育館であって、羽生名人対山崎隆之七段で、羽生名人が優勝したんですね。

それで、山崎七段は次の日に25日、26日の二日間にわたって行われた竜王戦の解説のために現地の兵庫県の加古川に行って大盤解説をしていたらしいのですが、自分が負けたばかりの羽生名人に、「東の魔王 西の王子」とかつて呼ばれた渡辺竜王が勝つと、なんか二重に負けたようで落ち込むじゃないですか(私が)。だからちょっと羽生名人勝ちのほうがいいかなあ、と思っていたのです。

梅田望夫さんの「どうして羽生さんだけがそんなに強いんですか?」という本も今週発売されたのですが、この本も超素晴らしい本なので、ちゃんと読んだら感想書きます。

どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語 どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?―現代将棋と進化の物語

著者:梅田望夫
販売元:中央公論新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

王狩と茶柱倶楽部(1巻)

青木幸子さんの「王狩」1巻を買って読みました。

王狩(1) (イブニングKC) 王狩(1) (イブニングKC)

著者:青木 幸子
販売元:講談社
発売日:2010/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ものすごく面白かったです、続きが楽しみ。

表紙の久世杏ちゃんの6歳のときと12歳のときの話。将棋に出会って、将棋のプロを目指す話です。

タカとかオッサーとかソノもみんなかっこいいですし(私はたぶんタカがタイプです)、ワクワクドキドキするお話でした。

棋譜指導は飯島栄治七段で、最近六段から七段に昇段されました。引き角戦法の話をテレビで熱く語っていたのが印象的な人です。

それと、「茶柱倶楽部」1巻も買って読みました。

茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス) 茶柱倶楽部 1 (芳文社コミックス)

著者:青木 幸子
販売元:芳文社
発売日:2010/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これもとっても面白かったです。お茶の話。美味しいお茶を自分で淹れてみたくなります。

抱擁、あるいはライスには塩を

江國香織の「抱擁、あるいはライスには塩を」を買って読みました。

抱擁、あるいはライスには塩を 抱擁、あるいはライスには塩を

著者:江國 香織
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「家族のそれぞれの体験を、視点も時間も飛ばして、自由につなぎ合わせて書いてゆく。そのときに見えてくるものを見たかったし、見せたかった。家族といっても、一人ずつ、ですから」と帯に江國さんの言葉が書かれています。

ロシア人の祖母、絹と、日本人の祖父、三人の姉弟と、長女夫婦の4人の子供たち家族が同居する、風変わりな家。1980年代から始まり、三世代それぞれの記憶が描かれ、過去と未来へと、話はいろんな視点からつながっていきます。

「時のかさなり」のような話をイメージしたのですが、そうではなくて、でも面白かったです。

別冊マーガレット(12月号)

昨夜、別冊マーガレット12月号を買って読みました。

「ヒロイン失格」がまたもや面白かったです。はとりが可愛い。安達さんも可愛い。利太もかっこいいよ。うん。ヒロイン目指して頑張ってほしいです。「青空エール」はいつもながら泣けた!つばさ頑張ってるよ!うん。

「君に届け」は風早くんの家。キュンキュンが止まらなくて困ります。「少女少年学級団」にはドキドキが止まらない。健兄のかっこよさとストーリーのハラハラさが好きです。

「虎と狼」は今回も面白かったし、「好きって言わせる方法」はダイエットの話で優しく胸に迫りました。

南塔子の「360°マテリアル」を読んで、あ、面白いかも、とバックナンバー読み返してストーリー把握。面白かったです。滝くんと美桜のハイスクールゆるかわライフ?

香魚子の「シトラス」も二回目ですが、どんな話になるのかよくわからないながらも読んでいます。ピアノと田舎の話、かな。

今回の付録は「夢みる太陽」のポーチでした。

別冊マーガレット編集部 / 別冊マーガレット 2010年12月号  〔Book〕

なくしたものたちの国

角田光代と松尾たいこの「なくしたものたちの国」を買って読みました。

読みながら号泣。角田光代さん、好きですが、この作品はほんとに好きです。

松尾たいこさんは昨夜の「トップランナー」で初めて顔と声を認識しましたが、きれいな方でした。絵ももちろんきれいですが。

この本はほんと、買ってよかった、と思いました。悲しくて泣けるんじゃなくて、嬉しくて泣ける感じ。なくしたものたち、の、話でした。

なくしたものたちの国 なくしたものたちの国

著者:角田 光代
販売元:ホーム社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

村上春樹インタビュー集(1997-2009)、「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」を買って読みました。

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

著者:村上 春樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「この本を岡みどりさんに捧げたいと思う」とあとがきで村上さんが書かれていますが、病気で亡くなられたのですね。よく村上さんの文章に登場した編集者の方だったので、びっくりしてしまいました。

じっくり読んだインタビュー集でしたが、とても面白かったです。自分の当時と強く結びついた村上さんの作品を、一つ一つ思い出しながら村上さんの言葉を読んでいました。

何度も読み返したくなるような、味わい深いインタビュー集でした。

薄闇シルエット

角田光代の「薄闇シルエット」を買って読みました。

薄闇シルエット (角川文庫) 薄闇シルエット (角川文庫)

著者:角田 光代
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

すごい共感できてしまって、怖いけど面白かったです。

表紙の絵も好きでした。表紙のデザインの当たり率がすごく高い作家さんです。ご本人が絵が上手いからかな、と思いますが。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログパーツ